誰もこんな未来が来るなんて思ってもなかったし、それでも時間は過ぎていくし、受け止めなければいけないし。

一生もずっとも永遠もないと知った2018年。
それでもずっと応援したいんです。

ただただ、幸せになってほしい。